水道の修理の前にトラブルの原因を確認

水道回りのトラブルが起きた時に、最初にしておきたい事として何が原因なのかを確認するということがあります。水回りのトラブルは原因によっては専門の業者に頼らなくても解決する事が可能な場合もありますし、事前に原因が分かっていれば業者に依頼する際も、スムーズな工事をしてもらう事が期待できます。
ただ、何が原因なのかを判断するためには、どういった原因でトラブルが起きるのかを知っておく必要があるでしょう。水道を修理しなくてはいけないトラブルの原因にはどういったものがあるのか、トイレやキッチン、お風呂など場所によって原因が変わってくる事もありますから、どの場所でどういった事が原因でトラブルとなるのかを知っておくと便利です。

■トイレなどの排水管トラブルの原因

排水管のトラブルの原因としてまず考えられるのが、ゴミなどが詰まってしまうというものです。特にトイレは流してはいけないものを流して排水管が詰まってしまうという事が多く、もしトイレやお風呂でトラブルがあった場合はまず排水管が詰まっていないかどうかを確認しましょう。
お風呂の排水管には髪などが溜まってしまう事があります。それが原因で詰まる事がありますし、トイレも一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと流れずに詰まってしまいます。特にトイレは何でも流せると思ってしまう人も多く、例えば子供のおむつなどをそのまま流してしまう事もあり、それらが原因で排水管が詰まってトラブルになる事も多いです。トイレの交換が必要となることもあります。

■経年劣化や金属疲労による破損

これは場所に関係なく、水道管に共通して起きる可能性のある原因です。水道管は金属で作られてることが多く、どうしても経年劣化などで錆びてしまい、そこから破損してしまうというケースは少なくありません。耐久年数を超えて使用しているという場合、破損している事がトラブルの原因である可能性は高いので確認してみましょう。
基本的には10年目を目安にして交換するようにすると、トラブルが起きる可能性が少なくなるとされています。水道管の破損は修理をしようとするとどうしても費用が高くなりますから、破損してしまう前にこまめに交換をする事で、破損を修理するよりも安い費用でトラブルを回避する事が可能となります。特に築年数の長い建物の場合、最初に経年劣化などによるパーツ破損を考えてみると良いでしょう。

■まとめ
水道のトラブルの原因として考えられる原因はさまざまですが、これらの原因は特に多く起こりやすいものです。そのため水回りのトラブルが起きた時には、修理の依頼をする前に何が原因なのかを確認するようにしましょう。排水管に何かが詰まっている場合は、それを取り除けば解決する場合もあります。
トラブルが起きたからといってすぐに修理を依頼すると、簡単に解決できるのにわざわざ費用を支払ってしまう事になります。もちろん経年劣化などでパーツが破損した場合は自分では解決できません。最初から業者に依頼して修理してもらうのではなく、自分で解決できる原因かどうかを確認してみた方が、余計な出費を抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ